辛かったヘルペスも今日からは安心!バルシビルの安堵感

ヘルペスの原因

ヘルペスは菌に感染することで起こってしまう病気の一種類で、この菌には8個の種類があると言われていて、どの菌に感染したのかによって症状は異なってきます。感染症の言葉を聞くと、とても怖い病気なのではないかと思ってしまうかもしれませんが、この菌に感染してしまう人はとても増えていて、1型の場合は日本人の8割程度が、2型は日本人の1割程度が感染していると言われています。ではここからはこの病気の症状をご紹介していこうと思います。
まず口に出来てしまうものの場合ですが、口の周りや唇がちくちくしたりぴりぴりしてきて、赤くなったり痒みを覚えたりします。違和感を感じて半日程度が経つと、患部が真っ赤になってきてこの時にウイルスは暴れまわっている事態となっています。感染して数日経つと赤くなった部分に水ぶくれが誕生してしまいます。出来た水ぶくれの中にはたくさんの菌が入ってる状態になっています。
初めてこの病気にかかった場合は、5ミリくらいの水ぶくれが出来ますが、再発を何度もしている間に小さい水ぶくれになっていきます。性器に出来てしまったというケースでは、性器やその周りに水ぶくれや赤いぶつぶつなどが誕生します。初めて感染したケースでは、一週間程度の潜伏期間を経た後に発症されると言われています。状況によっては38度以上の熱を出してしまうことも確認されています。潜伏期間が終わった後は感染した場所が痒くなったり、水ぶくれが誕生します。水ぶくれが潰れてしまうと痛みを感じて、尿をしづらくなるケースもあります。足の付け根付近のリンパが腫れたりする場合も存在しています。
帯状疱疹の症状は、体の右か左の神経に沿って、赤みを帯びたり、水ぶくれが生まれたりすることが多いです。特に出てくる場所は背中や胸やおでこなどが多くなっています。状況によっては足や腕に出ることもあるのですが、体の一部分だけとなっていることがほとんどで2箇所以上に現れるというケースは非常に珍しくなっています。このような状態になる数日前には出てくる場所を痛いと感じたり、違和感を覚えるというケースがほとんどです。
皮膚に水ぶくれなどが確認されるようになって、一週間程度で痛みはピークを迎えて、それからは痛みもあまり感じなくなります。この病気になる原因のほとんどはSEXとなっていて、飛沫感染をしてしまうことはほぼありません。SEXを行う相手がこの病気になっていると、自分にも感染する可能性が非常に高くなります。また通常のSEXだけでなくオーラルセックスでも感染する原因となり得るため、ヘルペスに感染している危険性が少しでもある場合は、これらの行為は控えるようにしてください。